ロト7のクイックピックは当たらない?高額当選の確率や買い方は?

2019年1月27日

ロト7 クイックピック 当たらない

ロト7のクイックピックは当たらないと言われることがあります。

クイックピックはコンピューターがランダムで選ぶ数字なので、適当に購入するだけで当たるものではない考えも強いからです。

しかし、クイックピックで1等当選した話も耳にすることが多く、高額当選の確率が決して低いとも言い切れません。

今回は、そんなロト7のクイックピックの当選確率や購入率、メリットとデメリットなど含め触れていきたいと思います。

スポンサードリンク

ロト7のクイックピックは当たらない?

ロト7にはクイックピックという投票の仕方があります。

クイックピックとは37個の数字の中から7個の数字をコンピューターがランダムに決め、それを申し込むといったシステムです。

クイックピックは自分で決められないときや時間がないとき、完全に運任せでチャレンジしてみたいときなどに使う方法です。

このロト7のクイックピックで遊ばれた経験がある人も多いと思いますが、クイックピックって本当に当たるものなのか?

コンピューターが決めたランダムな数字なんて当たらないんじゃないのと思ってしまいますよね。

しかし「ロト7のクイックピックが当たらない。」なんてことは無いようです。

有名なのは香川県の観音寺チャンスセンターでの高額当選の話ではないでしょうか。

この時、当選したロト7はクイックピックで購入した物だったと言われていて、ロト7で当時の最高賞金8億円がでた話として有名です。しかもそれを2口も購入していたので、合計16億円の高額当選だったようですね。

また、東京の『東村山プラザチャンスセンター』で1等8億円が3本同時に出たようです。この当せん者は主婦の方で、こちらもクイックピックによる購入で見事当選したと言われています。

自分自身もクイックピックでの購入経験はありますが、1等や2等に当選したことはありません。

ただ、5等や6等などに当選したことはあるので、絶対に当たらないという事は無いと思います。

スポンサードリンク

ロト7のクイックピックはどのくらい買われてる?

ロト7のクイックピックは当たらないなどとも言われますが、クイックピックで買われている人は全体でどのくらいいるのか?

こちらはデータとして統計が取られていて、楽天銀行側からのデータでは

  • 自選:75%
  • クイックピック:25%

このくらいの割合のようです。

真偽のほどがどの程度かわからないですが、情報をかき集めてみるとクイックピックでの購入割合は20~25%ほどの間に収まりそうな感じがしています。

 

ロト7のクイックピック高額当選の確率は?

ロト7のクイックピックの高額当選の確率はどのくらいなのか?

クイックピックで購入した方が確率は上がるのかというと、別に自分で選んだ数字でもクイックピックでも当選確率は変わりません。

逆にどちらかに偏りがあるようならちょっと問題だと思います。

ロト7の1等高額当選の確率は約1/1030万ですが、それが大幅に変化することはないでしょう。

しかし、クイックピックには大きなメリットとデメリットがあることは確かです。

それぞれについて少し深堀していきます。

スポンサードリンク

ロト7のクイックピックのメリット

ロト7のクイックピックのメリットで1番なのは「選びにくい数字」を選んでくれることにあると思います。

ロト7では7つの数字を選びますが、その選択の際に自分とゆかりのある数字を入れてしまいたくなりますよね。

例えば、誕生日やラッキーナンバー、住所や電話番号などがあると思います。また、日本では「7」という数字も縁起が良いためよく入れられる傾向にあります。

でも、ロト7の数字の中で「32~37」という数字は絡みにくいのではないでしょうか?

生年月日でも12月31日までだし、ラッキーナンバーで34や35など選ぶという人も少ないと思います。ラッキーナンバーで思い浮かべる数字も、たいてい「1~10以内」ではないでしょうか。

そして、意外と難しいのが「連続した数字を選択すること」

実はロト7の抽選結果を見ると、

3,4
17,18
31,32

などの続き数字が出現することも多く、ロト7第292回を例にとると

本数字:12.15.25.26.27.29.35
ボーナス数字:24.30

こんなふうに偏った抽選結果になる事もあります。

  • 1~10までが選択されていない。
  • 「25.26.27.29」と偏りがすごい
  • ボーナス数字も合わせると「24.25.26.27.29.30」となっている。

こんな極端な結果もあり、1等当選者も「該当なし」となってしまいました。

これを自分で選ぶというのはかなり難しいので、クイックピックならこういう選択をする可能性も十分考えられるわけですね。

また、クイックピックのメリットは「すぐに投票できる」という点です。

ロト7では7つの数字を選ぶわけですが、マークシートに7つの数字を塗りつぶしていかなくてはいけません。

その点、クイックピックはマークシートの右端に線を一本入れるだけです。

クイックピックは自分のこだわりや感情などが入り込む余地がないので、機械的な購入をしたい人にはメリットが大きいと思います。

 

ロト7のクイックピックのデメリット

先ほどのメリットと正反対のことがデメリットとして言えます。

やはりロト7で楽しむ、ドキドキを味わいたいというのであればクイックピックのメリットがそのままデメリットとなってしまうでしょう。

  • 自分の好きな数字を選べない
  • 機械的に選ばれてしまう。
  • 投票の面白みがない。

自分がロト7でどのようにして遊びたいか?

そのスタンスの違いでクイックピックはメリットにもデメリットにもなるでしょう。

スポンサードリンク

ロト7のクイックピックの買い方は?

ここまでロト7のクイックピックについて触れてきましたが、肝心の買い方について説明していきますね。

ロト7のマークシートは宝くじ売り場の店の前に置いているので、これを使って投票します。

ロト7 クイックピック 一等

ロト7のクイックピックの買い方は簡単で、マークシートの右端にある「クイックピック」の欄を塗りつぶせばいいだけです。

ロト7 クイックピック 当選確率

これを宝くじ売り場の店員さんに渡せば大丈夫です。

また、インターネット投票も可能で、手続きを済ませれば宝くじ公式サイトや楽天銀行、みずほ銀行などのホームページ上から購入ができます。

 

ロト7のクイックピックとランダム選択の違い

ロト7をインターネット上で購入するとき、

  • クイックピック
  • ランダム選択

という投票の方法があります。

クイックピックはコンピューターがランダムに選んでくれる投票方法ですが、ランダム選択とはいったい何なのか?

クイックピックと何が違うのか?

疑問を感じる所だと思いますが、クイックピックもランダム選択も、どちらもコンピューターが7つの数字を選ぶことに違いはありません。

ただ、クイックピックの場合は購入が確定するまでどの数字を選んだのかはわかりません。

しかし、ランダム選択の場合は購入前にその数字がわかってしまいます。しかもそのランダムで選ばれた数字の一部、もしくは全部を好きな数字に変えることもできます。

もちろんランダム選択で一つも数字を変えることなく投票することも可能です。

「ランダム選択で選んでみたけど、この数字はないだろう…。」

という時に、その数字だけ好きな数字に変えて投票するときなどに使いやすいですね。

クイックピックとランダム選択のどちらが良いのかはあなた次第なので、好きな方で投票してみてください。

スポンサードリンク

あとがき

ロト7のクイックピックは当たらないのか?

高額当選の確率はどうなのかなど心配な部分も大きいですが、自分で選んで購入してもクイックピックでも確率は変わらないです。

ただ、クイックピックで購入することで人間には選びにくい数字や組合せを選択できることも確かです。

どう利用するかは購入する人次第なので、5口購入するなら1口はクイックピックにするなど工夫しながら買うのも良いかもしれませんね。

 

そんなロト7の買い方や仕組みでよくわからない所はないでしょうか?

  • ボーナス数字って何?
  • キャリーオーバーって?
  • ロト7ってどこで買えるの?

などなど、ロト7の疑問点や実際に購入した様子、当選確率や当選金額といったロト7の中身について書いた記事をまとめたページを用意しました!

最初の購入はいろいろ不安点も多いですが、まずはコチラで流し読みでもしてもらうと必要な知識が身についていくと思います!

また上級者の人にも気づきになる事があるかもしれません。

気になる記事を選んで、ぜひ購入の参考にしてください!

スポンサードリンク