ミニロトの一口の値段はいくら?全通り購入すると金額は?

2019年5月20日

ミニロト 一口 値段

数字選択式宝くじには

  • ロト7
  • ロト6
  • ミニロト
  • ビンゴ5
  • ナンバーズ4
  • ナンバーズ3

この6種類がありますが、ミニロトの一口の値段はいくらなのか。

そして全通り購入したときの金額はいくらになるのか。

購入の仕方で気になる「口数」や「継続回数」「自動購入」といった点についてもまとめました。

スポンサードリンク

ミニロトの一口の値段はいくら?

ミニロトの一口の金額ですが、こちらは一口200円になります。

ミニロトの申し込みのマークシートは組合せA~Eまで用意された記入欄があって、そこに31個の数字の中から5個選びます。

ミニロト 一口 値段

マークシートに記入が済んだら、それを宝くじ売り場に持っていけば購入できます。

1つのマークシートで組合せは5つまで購入できますが、組合せ一つにつき200円という値段になりますので、A~Eまで購入すると1000円になります。

ミニロトは年末年始を除いていつでも購入が可能ですが、抽選は毎週火曜日の18:45に行われるので、自分が参加したい回に間に合うように投票しましょう。

 

スポンサードリンク

ミニロトの口数ってなんなの?

ミニロトには右端に「各口数」という欄があります。

ここの欄には2~10の数字が用意されていますが、この口数というのは組合せA~Eをどれだけ購入するのか?という意味になります。

何も記入しないと1口分の購入ですね。

もし2口3口と口数を増やして購入したい場合は、ここの欄で該当の部分をマークすればいいでしょう。

ただし注意して欲しいことが1つ!

例えば、ここで各口数に「2」と記入すると、組合せA~Eすべてに適用されます。

つまり「組合せA~C」にそれぞれ記入したとすると

それぞれ2口ずつ購入という事になります。

ミニロトは1口の値段は200円なので、この場合だとABCの3つの組合せが2口ずつとなり合計6口分で1200円必要となります。

もし

  • 「組合せAだけ口数を増やしたい」
  • 「他の組合せも購入したいけど、そっちは1口ずつ購入したい」

というのであれば組合せAだけ記入したマークシートを準備し、他はまた別のマークシートに記入して投票すると大丈夫です。

関連記事

 

2口購入すれば当選したとき賞金は2倍になるので、自信のある時に手厚く勝負したい場合は多目に口数を買ってみましょう。

最大で10口まで購入することができます。

1口購入の場合は特に記入する必要はありません。

 

スポンサードリンク

ミニロトを全通り購入するといくらになる?

このミニロトはマークシートでの購入が基本ですが、全通り購入するといくらになるのか?

その値段はとんでもないようなことになりそうですね。

まず、ミニロトは31個の数字の中から5個の数字を選び、それがすべて的中すれば1等約1000万円(理論値)が当たるという数字選択式宝くじです。

これが全部で何通りあるのかというと、計算式は

31C5=(31×30×29×28×27)/(5×4×3×2×1)

=169911

ミニロトは全部で169911通りあり、その内の1つを当てることで1等当選となるのです。

関連記事

 

1口の値段は200円となるので

169911×200=3398万2200円

これだけのお金が必要になります。

ミニロトは1等が約1000万円なので、仮に全通り購入してもマイナスとなってしまうのです。

もちろん1等には必ず当選しますし、2等や3等などの下位も何枚か当選します。

しかし、他の購入者が1等を当ててしまうと賞金は分配されるので取り分は減ります。

3000万円以上かけても1等当選者が数名出れば、さらに得られる賞金は減ってしまいますよね。

だから全通りを購入するのはあまりにも非現実的なのです。

 

ミニロトの継続回数とは

ミニロトのマークシートの右端には「継続回数」という欄もあります。

継続回数とは、選んだ数字を今後の抽選回でも使用したいときに記入します。

ミニロトは毎週火曜日に抽選が行われますが、来週、再来週と続けて同じ数字でチャレンジしたい時に記入しましょう。

例えば、次の回も同じ数字でチャレンジしたい場合、継続回数の「2」を塗りつぶして申し込みをします。

このような感じですね。

継続回数は最大で5回まで続けられます。

こちらも注意点として組合せA~Eすべてに適用されるので、継続したい組合せだけ記入し投票するようにしましょう。

 

ミニロトの自動購入・継続購入とは?

ミニロトはネットで購入することもできます。

宝くじ公式サイトをはじめ、楽天銀行やみずほ銀行などからも購入が可能です。

そちらでは「自動購入」や「継続購入」という欄がありますが、これはマークシートの継続回数の事と同じ意味です。

次回、次々回と同じ数字で購入したい場合に使ってください。

ナンバーズなどは「〇ヶ月分」など大口で購入することも可能です。

関連記事

 

 

スポンサードリンク

あとがき

ミニロトの一口の値段は200円で、マークシートの組合せの口数や継続回数などもその都度選べます。

また全通りで購入したらどうなるのと考える人も多いと思いますが、まず確実にマイナスですし、全通りで約17万通りあるのでとてもじゃないけど投票できませんね。

ミニロトは約1000万円が当たる数字選択式宝くじですが、一口の金額は200円なので予算も見ながら計画的に勝負しましょう。

スポンサードリンク