宝くじ高額当選者の体験談とは?億万長者でも不幸になる悲しい末路

2018年12月13日

宝くじ 当選者 体験談

宝くじの高額当選者のその後の人生を想像すると、さぞかし羨ましい体験話が聞けるんだろうな?

と思いきや、億万長者となってしまったために不幸な末路を迎える体験話もよく聞きます。

せっかく宝くじに当たってお金が入ってきたのに、それで人生が狂ってしまうなんて怖いですよね。

いったいどうして高額当選者でも不幸な結末を迎えてしまうのか?

そこには失敗に至る共通点があります。

そして、当選金を有効に使うためには守っておきたいポイントもあります。

過去の宝くじ高額当選者の失敗から、自分がもし高額当選したときに成功できるように学べるポイントを抑えていきましょう!

スポンサードリンク

宝くじ高額当選者の体験談とは?

宝くじの高額当選者と聞くと羨ましい限りですが、その人たちの体験談を聞くと、いろいろと不幸になった話をよく聞きますよね。

宝くじに当たって気が大きくなって、車や家、旅行や投資などでお金を使い果たしてしまったり、仕事を辞めたり離婚したり、周囲にバレてお金を求められたりすることも。

こういう宝くじ高額当選者の失敗の体験談として、例えばどんなことが多いのかまとめてみると

  • 自分が宝くじに当選したことが、周りにバレてしまった。
  • お金の催促ばかりが増えた
  • 宝くじのお金を使いすぎて生活がおかしくなった。
  • 仕事を辞め離婚もしてしまい生活が激変した。
  • 仕事を辞め店を出したがうまくいかなくなった
  • 株やFXで損をした
  • ギャンブルで損をした
  • 不動産、マンション投資に失敗した

まるで絵にかいたような天国から地獄という話もあります。

宝くじの高額当選が必ずしも幸せにつながらない場合もあるんですね。

関連記事

 

とは言え、宝くじの高額当選者が当選金をうまく使った体験談も多く残されてます。

  • 家のローンを完済して、残りの資金で自由に遊んだ。
  • 家を買った
  • 環境の良いところに引っ越しした。
  • 結婚資金にあてた。
  • 子供の教育費にあてた
  • 貯金した。
  • 前から欲しかった物(趣味の物など)が買えた。
  • 車やバイクを買った
  • 旅行のために使った

他にも使い道として有意義に当選金を使っている方もたくさんいます。

スポンサードリンク

宝くじ当選金の使い道ランキング

宝くじ当選者って、実際に宝くじに当たったらどうするのか、その使い道で最も多いのは何なのか?

そのランキングをアンケートで取った結果があります。

これは1,000万円以上の高額当選者を対象にしたものですが、

貯蓄:43.6%(464人)
借入金の返済:15.6%(166人)
車の購入:14.6%(155人)
土地・住宅の改築や購入:14.6%(155人)
旅行:14.2%(151人)
家族サービス・親孝行:13.9%(148人)
子どもの教育・養育費:10.0%(106人)
趣味の充実:7.1%(76人)
投資:4.7%(50人)
仕事・事業の資金:3.2%(34人)
習い事や勉強 :1.9%(20人)
ブランド品の購入:1.8%(19人)
寄付等社会貢献:1.8%(19人)
結婚資金:1.5%(16人)
美容(エステや化粧品等):1.4%(15人)
退職する:0.4%(4人)
海外へ移住:0.0%(0人)
その他:12.4%(132人)
無回答:3.2%(34人)

合計1,764人

参照:宝くじ当せん者レポート当せんについて
https://www.takarakuji-official.jp/data/004.html

関連記事

 

やはりと言いますか、日本人だと貯蓄に回すという方がほとんどですよね。

将来の不安は常に消えないので、お金があるというだけで安心感が違います。

そして借入金の返済という事で、借金やローンの返済をしてキレイな状態にするという、お金の使い道でも賢い選択がされています。

半数以上はこの時点でいるわけですが、その他に使い道としては車や土地の購入、旅行や趣味、教育費など、わりとしっかりと使い道の設計をしている方が多いような印象です。

100万円くらいだったら車買って終わりとかですが、1000万円以上となるとやはり使い道も堅実なことが多くなってきますね。

 

宝くじで億万長者になった人の不幸な体験談

宝くじ 当たった人 不幸

宝くじで億万長者となった人でも不幸な体験をされている方が結構います。

日本で特に目を引いた話は書籍にもなった「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」ではないでしょうか。

これはドラマ化もされて、とても有名な話になっています。

その内容は38才でバツイチの久慈六郎(仮名)さんがロト6で3億2千万円という大金に当選したが、キャバクラやFXなどで失敗しどんどんとお金を失っていくというお話です。

いろんな人に騙されたり余計な買い物をしたりなどで、結局当選金を4年ほどで使い果たしてしまい、人間不信に陥ってしまう。

結果的に宝くじに当たったことで人生を不幸にしてしまった話ですが、これも周りに自分がお金を持っていたことをバラしてしまう事が原因です。

やっぱり自分が当選したことが他人に知れ渡ってしまうと、何とか騙してお金を取ってやろうとかする人が群がってきちゃうんですね。

また、お金の使い方が急に変わったりするので、明らかにおかしい方向に進んでいってしまいます。

気づいた時にはすでにお金は尽きてしまい、人に対する不信感しか残らなかったなどというのはありそうな話ですよね。

スポンサードリンク

海外の宝くじ億万長者の不幸体験

海外で宝くじに当たったという話もよく耳にしますよね。

海外の場合は、宝くじの受け取り条件に名前の公表が必要とされている場合がよくあるので、日本でも

「アメリカの○○さんがパワーボールで日本円にして史上最高額●●●億円に当選しました!」

なんてニュースがたまに飛び込んできます。

日本にもニュースでされるくらいなので、現地ではものすごいことになっているでしょう。

まず当選者のもとには教会や地域団体などからの寄付のお願いが殺到するようです。

そして、寄付というのはもはや海外では当たり前のようになっており、断れるような雰囲気でもないんだとか。

そして当選額もケタが違い100億単位で手に入ることもあるので、たくさん寄付しても手元にはそれなりに残るようです。

 

億万長者ジャック・ウィテカーの不幸な話

億万長者というのもケタ違いなので、不幸な体験談もケタ違いのものが多いです。

例えば、2002年12月にアメリカのパワーボールで当時の最高当選額31,490万ドル(約363億円)に当選したJack Whittaker(ジャック・ウィテカー)さんの話です。

ウィテカーさんの当選は瞬く間に報じられ、取材陣が押し寄せてきました。

そして当選額の10%を教会に寄付したり、1400万ドルをジャックウィテカー基金設立に寄付し地域の子供たちや貧困層のために慈善活動を行っていました。

当選金をしっかりと地域のために役立てていたのですが、その後は泥棒に狙われたり、車上荒らしにあったり、借金の催促もすごかったようです。

また孫娘の彼が薬物の使用で死んでいたり、その3か月後に孫娘も薬物の過剰摂取で死亡したようです。

2009年には42歳の娘も遺体となって発見されたようです。

ウィテカー自身の生活も荒れに荒れ、飲酒や暴行、離婚や逮捕、宝くじ当選後、約460件もの訴訟に巻き込まれたり窃盗、強盗に遭ったりなどさんざんな生活だったと語っています。

ウィテカーはその後宝くじ当選金をすべて使い果たしましたが、

「悪夢の5年間だった」「あんなチケット破り捨てておけばよかった」

と、高額当選がすべての不幸の始まりだったと言葉を残しています。

まるで絵にかいたような転落人生の不幸な話ですが、お金があることでいらない苦労が舞い込んできたり、麻薬に手を染めたり、人間不信に陥ったりなど、ダメなことが重なってしまったのですね。

関連記事

 

スポンサードリンク

海外の宝くじ億万長者の幸せ体験談

海外では豪遊やギャンブル、麻薬や暴行、強盗や殺人、逮捕や破産など、宝くじの高額当選が地獄への入り口になるとんでもない体験談も多いですが、何も不幸になった話ばかりでもありません。

きちんと使い道を考えて当選金を使った人は、気持ちの良い人生も送っています。

マーク・ヒル(Mark Hill)さんと妻のシンディさんは、アメリカのパワーボールで2億9375万ドル(約267億円)を手に入れました。

子供の大学の資金や旅行などにも充てる予定もあったようですが、故郷のために使うという事で野球場や消防署の施設の充実、教育関係などに使ってもらうためにお金を使ったそうです。

その時のシンディさんのインタビューには「神様が私たちを当選させた事には意味がある。だから、当選金は正しいことに使うべきだ」とコメントを残したそうですね。

そして故郷の設備が充実し、より良い街づくりのために有意義にお金が使われたと報じています。

これはみんなが幸せになり、しかも有意義に正しい方向にお金が使えた例ではないでしょうか。

 

高額当選を引き寄せた時の宝くじ購入体験談

宝くじ 億万長者 体験談

宝くじで高額当選を引き寄せた人は、何か特別な事をやっていたのか?

宝くじの購入の時に「不思議な体験をした」「いつもと違う光景だった」「宝くじを買わないといけないと思った」など、そういう体験を話している人もいます。

宝くじを買う前「今買ったら当たるんじゃないか?」という前兆を感じて購入した人も多いのですが、

  • 買う時におばさんに順番抜かされた。
  • 宝くじ売り場に猫がいた。
  • 「最終日ですよ」と声をかけられ何気なく買った
  • 知らない道を通ったら宝くじ売り場があった。
  • スーパーで買い物待ちの時間に買った
  • 空を見上げると美しい虹がかかっていた
  • 松の木に白鷹が止まっていた
  • 「買わなければ」と胸騒ぎがした。
  • 黄金虫が部屋に飛び込んできた
  • 先祖の夢を見た
  • 夢に猫が出てきた。
  • 龍の夢を見た
  • 夢に白蛇が出てきた。
関連記事

 

宝くじ売り場の近くで起きた出来事や、予知夢のような夢を見て購入した人など、何が幸運のサインかわかりませんが買ったら当たるかもと思わせる出来事が起こっているんですね。

 

スポンサードリンク

宝くじ高額当選者の買い方のこだわり

他にも、宝くじの購入の時にはこだわりを持って買っている人もいます。

例えば、

  • ずっと同じところで買い続けている。
  • 売れる宝くじ売り場で買う。
  • ジャンボ宝くじを必ずバラ20枚、連番10枚で買うようにしている。

など他にもいろいろありますが、自分だけのルールみたいなものを持っている人も多いですね。

宝くじの1000万円以上の高額当選者の購入枚数のデータというのもありますが、30枚以内で購入する方が多く、およそ20%以上の人が30枚を購入するようです。

男性の場合

「30枚」が20%
「10枚」「100枚以上」が14%ほど。

女性の場合

「10枚」が約26%
「30枚」が23%
「20枚~29枚」14.5%ほど

女性の購入枚数を見ると、約6割がた30枚までの購入で高額当選をされてますね。

関連記事

 

他にも高額当選が出た実績のある売り場選びや、大安吉日などの購入のタイミングをうかがう人もいます。

何が高額当選に導いてくれるのか、強いこだわりを持っている人もいるので、それを参考にするのも良いですね。

 

宝くじ当選者は年間どのくらいいる?

宝くじ 高額当選 体験談

宝くじの高額当選者って年間どのくらいいるのか気になりますよね。

全国自治宝くじのデータでは、2012年度の1億円以上の当選者は497人

1000万円以上では年間で3339人もいたようです。

2016年

1億円以上:552口
1000万円以上:3571口

2017年

1億円以上:550口
1000万円以上:2946口

前後賞など同時当選もあると思いますが、毎年およそ500人くらいは億万長者の人が誕生しているんですね。

スポンサードリンク

宝くじの高額当選が不幸を呼び込む共通点

宝くじの当選者は何か不幸な末路になっているイメージもあると思います。

そういう人は、

  • 自分を抑えられず、お金を湯水のごとく使ってしまった人
  • お金を貸してしまった人。
  • また仕事を辞めたり離婚をしたりして、夫婦間や家族との関係が崩壊してしまった人。
  • 自分の生活を大きく変えてしまった人

というのが、不幸な末路を迎える共通点になっているように思います。

海外ではそれが強盗や殺人、自殺にまで発展するので怖いところですが、日本でもやはり気を付けないといけませんね。

宝くじが当たったら「元手にして投資で増やす」などの考えも出てくると思いますが、投資したら儲かるみたいな甘い考えは捨てた方が良いと思います。

引き寄せ 宝くじ 体験談

投資をするにしても勉強や知識は必要ですし、マンション経営や不動産投資とかでも、とりあえず買えば儲かるみたいに勘違いしてる人も多いと思います。

また、自分のお店を出すなど考える人も多いと思いますが、これもとりあえず店を出したらうまくいくみたいに考えるのも甘いです。

勉強してしっかりと計画できないなら投資はしない方が良いと思いますし、仕事などを辞めるのはもってのほかです。

上の方で「宝くじ当選金の使い道」を紹介しましたが、やはり最初はマイナス面の借金やローンの返済をし、使う分と貯蓄する分に分け、その余剰資金で趣味にお金を使うなり投資するなりして、セーフティゾーンを作っておきましょう。

そうすれば失敗してもダメージは最小限で抑えられます。

無理に大きく生活を変えようとせず、今までの生活を守りながらプラスアルファしていくくらいがちょうどいいと思いますけどね。

 

あとがき

宝くじ高額当選者の体験談をもとに、億万長者となった人たちの経験からどんな生活を送っているのか。

なにが失敗して、どうすれば幸せな宝くじの使い方ができるのかなどまとめてみました。

宝くじの使い道で不幸な末路をたどる億万長者の人もいますが、お金の使い方ひとつで天国から地獄に突き落とされてしまうんですね。

とはいうものの、宝くじの高額当選って本当にうらやましい限りですよね。

そんな宝くじで毎年1等が出続けている『西銀座チャンスセンター』という売り場をご存知ですか?

宝くじ 当選者 体験談

この場所では毎回のようにジャンボ宝くじで1等が出て、年末ジャンボに至っては平成になって29年間1等がで続けた売り場なんです!

この西銀座チャンスセンターを知ってるも、全く知らなかった人も、

人生で一度は挑戦してみたい!

そんなふうに心の片隅に思うところがあるんじゃないでしょうか?

でも、東京近郊で住んでるならまだしも、地方の人間には

「わざわざ宝くじ買うためだけに東京なんていけないよ・・・。」

そんなふうに思っちゃうし、東京近郊に住んでる人ですら、

「すごい混んでて面倒だしなぁ…。」

って思うほど混んでることもあります。(年末ジャンボ初日は4時間以上待つことも!)

でも、

  • ネットで簡単、24時間いつでも
  • 当たりがよく出る好きな窓口で
  • 縁起の良い初日や最終日、大安や一粒万倍日に

自分の代わりに西銀座チャンスセンターで購入してくれたら楽チンですよね。

宝くじ購入代行サービス

そんな面倒で時間のかかる西銀座チャンスセンターでの購入、そして買った宝くじを家まで郵送してくれる

宝くじ購入代行サービス

というものがあるんです。

もしあなたも「西銀座チャンスセンター」で一度は買ってみたかったけど、いろんな理由であきらめていた方は、こちらのページをぜひ一度ご覧になって下さい。

宝くじ購入代行サービス「ドリームウェイ」について

 

スポンサードリンク