ロト6のボーナス数字とは何なの?どこに書いてあるの?

2019年4月11日

ロト6 ボーナス数字とは

ロト6のボーナス数字とは何なのか?

ロト6は43個の数字から6個選び、すべて的中すれば1等当選です。

ですが、1等にボーナス数字は関係ありません。

ただ、ロト6の2等にはボーナス数字が関係してきます。

  • そのボーナス数字の意味とは何なのか?
  • どのように絡んでくるのか?

など、ロト6の当選に影響するボーナス数字について、実際の抽選結果も含め見ていきましょう!

スポンサードリンク

ロト6のボーナス数字とは何なの?

ロト6は43個の数字の中から6個の数字を選び、その的中数によって等級が決まる「数字選択式宝くじ」です。

自分が選んだ6個の数字がピッタリ的中すれば、最大で6億円手に入る宝くじなんですね。

ロト6 ボーナス数字とは

43個の数字の中から6個の数字を抽選で選ぶわけですが、その他にボーナス数字と呼ばれる数字も1個抽選が行われます。

これもロト6の当選にかかわってくるのですが、

  • ボーナス数字の意味とは何なのか?
  • 何に使うのか?

この説明をしますが、

ロト6の場合、ボーナス数字は2等を決定するためだけに使います。

1等をはじめ3~5等は関係ありません。

では、改めてロト6の当選条件を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

ロト6の当選条件とボーナス数字

1等:申込数字が本数字6個すべて一致
2等:申込数字が本数字5個と一致し,更にボーナス数字1個と一致
3等:申込数字が本数字5個と一致
4等:申込数字が本数字4個と一致
5等:申込数字が本数字3個と一致

このようになっています。

関連記事

 

ボーナス数字が使われるのは2等だけで、条件は「申込数字が本数字5個と一致」かつ「ボーナス数字1個と一致」なんです。

 

スポンサードリンク

ロト6のボーナス数字はどこに書いてある?

では、実際の抽選結果にボーナス数字はどこに書いてるのか?

ロト6の抽選結果の例に「第1309回ロト6抽選結果」を見てみます。

回別第1309回
抽せん日2018年9月3日
本数字243234364143
ボーナス数字(23)
1等1口600,000,000円
2等10口10,762,100円
3等252口461,200円
4等11,693口10,500円
5等195,021口1,000円
販売実績額2,000,914,800円
キャリーオーバー420,789,350円

こちらの結果の見方ですが、本数字が

24.32.34.36.41.43

この6個の数字がピタリ的中していれば1等当選です。ボーナス数字は()カッコ内に記載のある数字の事を指します。

この2等のケースでは本数字が5個的中し、ボーナス数字の(23)が入っていれば2等当選となります。

例えば

(23).24.32.36.41.43
(23).24.32.34.36.43

こういったケースの場合です。

ボーナス数字が絡んでも特別難しい事も無いと思います。

スポンサードリンク

あとがき

ロト6のボーナス数字の意味とは何なのか、どこに書いてあるのかなど、ボーナス数字が必要な2等を中心にまとめました。

この機会にしっかりとボーナス数字の役目を覚えて、楽しくロト6で遊んでいきたいですね。

そしてロト6の買い方や仕組みでよくわからない所はないでしょうか?

  • ボーナス数字って何?
  • キャリーオーバーって?
  • ロト6ってどこで買えるの?

などなど、ロト6の疑問点や実際に購入した様子、当選確率や当選金額といったロト6の中身について書いた記事をまとめたページを用意しました!

最初の購入はいろいろ不安点も多いですが、まずはコチラで流し読みでもしてもらうと必要な知識が身についていくと思います!

また上級者の人にも気づきになる事があるかもしれません。

気になる記事を選んで、ぜひ購入の参考にしてください!

 

スポンサードリンク