ミニロトにキャリーオーバーは無い!当選者がいない場合はどうなる?

ミニロト キャリーオーバー

キャリーオーバーとは、1等当選者がいない場合にその賞金を次回に持ち越す制度のことを言います。

ロト7やロト6ではよく耳にしますが、ミニロトにはキャリーオーバーはないのでしょうか?

また、1等当選者がいなかった場合はどんな処理がされるのか?

今回は、ミニロトのキャリーオーバー制度についてまとめました。

スポンサードリンク

ミニロトにキャリーオーバーは無い!

ロト7やロト6にはキャリーオーバーという言葉をよく耳にしますが、ミニロトにはキャリーオーバーはありません。

ミニロトは当選確率が約1/17万という数字のため、ロト7やロト6に比べ当たりやすく、1等当選者が必ずと言っていいほど出ています。

ミニロトは1999年4月13日から発売が開始されましたが、現在まで1等当選者に「該当者なし」という回は1度として存在していないのです。

ですので、もしキャリーオーバー制度があったとしても、ほぼ使われることが無いんですね。

 

スポンサードリンク

ミニロトで1等当選者がいない場合はどうなる?

今まで1度も「1等該当者なし」というのが無かったとしても、今後、可能性がないわけではありません。

じゃあ、ミニロトで1等当選者がいない場合はどうなるのか?

この場合は、当選金が全て2等以下に分配される仕組みになっています。

だから2~4等以下の当選金がアップするんですね。

 

ミニロトの最高額は4000万円

ミニロトの1等は理論値で1000万円ですが、最高額は4000万円まで跳ね上がります。

実際に第0978回や第0979回では1等当選口数が2口とかなり少なかったため、1等賞金が最高額の4000万円となっています。

そうなると1等賞金に入りきらなかった当選金が、2等以下にも分配されていきます。

関連記事

 

第0978回では

1等:4000万円
2等:158万2400円
3等:1万3200円
4等:1100円

第0979回では

1等:4000万円
2等:134万1300円
3等:1万4600円
4等:1200円

ミニロトの理論値は

1等:1000万円
2等:15万円
3等:1万円
4等:1000円

ですので、他の等級(特に2等)も賞金額がアップしていることがわかりますね。

 

スポンサードリンク

ミニロトの当選者が一人もいない場合

ミニロトにはキャリーオーバー制度がありませんが、もしも誰も当選者が現れなかった場合どうなるのか?

これは、ミニロトの規定にも書かれていて、

『すべての等級に当せん者がいない場合は、再抽せんとなります。』

とあります。

まあ、こんなことはあり得ないでしょうが、何かしらのトラブルがあったりして購入者が著しく少なかったりしたときの事でしょうね。(まあ、それでもこんなことはないでしょうけど。)

 

まとめ

ミニロトにはキャリーオーバ制度はありません。

だから、ロト7やロト6のように、

「今回はキャリーオーバー〇億円だからチャンスだな!」

なんてことが無いので、少しばかり面白みに欠けるかもしれません。

でも、1000万円を狙うという意味では、それだけ当選者が出やすい宝くじだという事の証明なので、あなたがどれくらいの賞金をゲットしたいのか、しっかりと当選確率と照らし合わせながらチャレンジして下さい!

スポンサードリンク