第891回ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6にチャレンジ!

2021年7月8日

今回の挑戦は、こちら↓

第891回ワンピーススクラッチ フランキー3 当選確率

第891回全国自治宝くじ

「ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6」

このスクラッチを10枚の束で購入しチャレンジしてみました。

スクラッチの当選確率や賞金額をまとめ、その結果をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

当選確率と賞金額

第891回全国自治宝くじ

「ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6」

こちらの当選確率や当選金はこのようになっています。

等級等当せん金本数当選確率
1等50万円60本1/10万
2等5万円3,600本3/5000
3等1万円18,000本3/1000
4等1,000円6万本1/100
5等200円60万本1/10

600万通(12億円)を売り出し、この本数と当選金がつけられています。

ですので、1等当選確率は「1/10万」となります。

ちなみに通常のジャンボ宝くじの1等で「1/1000万」の当選確率になってますので、比較対象として考えてみてください。(賞金額は2~5億円)

スポンサードリンク

やり方と当選条件

ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6

このスクラッチのやり方と当選条件について見ていきましょう。

今回の種類は「ラウンド6」で、左の赤枠の中をすべて削り「あなた」がジャンケンで2勝以上すれば当たりになります。

第891回ワンピーススクラッチ フランキー3 当選金額

 

そして、ジャンケンの勝利数に応じた当選金が受け取れます。

第891回ワンピーススクラッチ フランキー3 当選金額

このスクラッチの遊び方はこんな感じですね。

では、実際にトライしてみた結果をご覧ください。

スポンサードリンク

ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6の10枚チャレンジ

今回は第891回全国自治宝くじ「ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6」を10枚の束で合計2000円分購入し、当選金がいくらになるのかチャレンジしていきます。

スクラッチチャレンジの様子と結果はこちらの動画で↓↓

 

発売日や換金期間は?

ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6

こちらの発売期間は

2021/7/7~2021/8/3

換金期間は

2022/8/2まで

発売終了から1年間が換金できる期間になっています。

このスクラッチの詳細は「宝くじ公式サイト」にも掲載されていますので、あわせてご覧になって下さい。

スポンサードリンク

スクラッチも宝くじの日お楽しみ抽選の対象に!

毎年9月2日は「クジの日」という事で「宝くじの日記念お楽しみ抽選会」が毎年開催されています。

ジャンボ宝くじなどは宝くじの番号を使って抽選に参加できますが、実は数字とは全く関係ないように思えるスクラッチもお楽しみ抽選会に参加できます。

どうやって参加するのかというと、スクラッチの左下をご覧になってください。

第891回ワンピーススクラッチ フランキー3 10枚

ここにしっかりと

「宝くじの日記念お楽しみ抽せん」用番号

と書かれていますね。

この番号を使って参加することが出来るのです。

賞品や参加方法など、詳しくはこちらのページで知ることが出来ます。

関連記事

結構良い商品がゲットできる事もあるので、敗者復活的な感覚でお楽しみ抽選会を楽しみに待ってみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

今回は第891回全国自治宝くじ「ワンピーススクラッチ フランキー3 ラウンド6」

こちらにチャレンジしてみましたがいかがでしたか?

  • スクラッチって何枚買えば当たるのか?
  • 本当に当たった人っているのか?
  • どんな買い方をしたら当たりやすいのか?

初心者にも簡単でわかりやすいスクラッチですが、だからこそ色々と知りたい事ってありますよね。

そんなスクラッチの疑問について、こちらのページにまとめてみました。

関連記事

他にも今回のように、別のスクラッチでも10枚束でチャレンジした様子も掲載しています。

  • どのスクラッチが当選しやすいのか?
  • どんな時が狙い目なのか?

いろいろ参考になると思うので、ぜひご覧になってください。

スポンサードリンク