ビンゴ5の1等~7等の当選確率と計算方法!

ビンゴ5 確率 計算方法

ビンゴ5の1等の当選確率は1/390625ですが、どんな方法で計算しているのか?

同じく2等3等4等・・・と、それぞれの当選確率と計算もありますよね。

そんなビンゴ5の確率や計算方法を見ていきましょう!

スポンサードリンク

ビンゴ5の当選確率

ビンゴ5の申し込みのマークシートは「組合せA」と「組合せB」の記入欄があって、計9個のマス目のうち、中央(FREE/フリー)を除いた8個のマス目に記載された5つの数字の中からひとつずつ、計8個の数字を選ぶ数字選択式宝くじです。

ビンゴ5 確率

そしてその8個の数字がすべて的中し、8ラインのビンゴが成立すれば1等555万円(理論値)を獲得することができます。

その1等の当選確率と計算方法は次のようになります。

この計算式は

5の8乗=390625

ビンゴ5は中央のFREEを除くと全部で8マスあり、それぞれのマスには5個の数字があってそこから1つずつ選びます。ですので、1マスの組合せは5通りとなります。それが8マスあるので5の8乗になります。

1等は1通りしか存在しないので、1/390625となります。

39万分の1で555万円ってなると、ミニロトの方が1等当選確率が高いです。

ミニロトは約1/17万の確率で1000万円当たるので、普通に考えたらこっちの方が割に合う宝くじですね。

関連記事

 

ビンゴ5は当選確率とか賞金額以外に、エンターテイメント性の部分で他の宝くじにはない魅力があるので、イベントとかにはもってこいの種類だと思います。

さて、このビンゴ5には1等以外にも2~7等までありますが、それぞれの当選条件は

1等:8ライン成立
2等:6ライン成立
3等:5ライン成立
4等:4ライン成立
5等:3ライン成立
6等:2ライン成立
7等:1ライン成立

このようになっています。

このビンゴ5の当選金額や確率について、条件と合わせて一覧にしてみました。

等級当選条件当選金
(理論値)
当選確率
1等8ライン成立5,556,200円1/390,625
2等6ライン成立300,000円約1/24,414
3等5ライン成立45,000円約1/8,138
4等4ライン成立18,200円約1/2,035
5等3ライン成立2,500円約1/313
6等2ライン成立700円約1/59
7等1ライン成立200円
(原則固定)
約1/7

当選金額は理論値です。当選者の数によって変化します。

それでは、各等級の計算方法を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ビンゴ5の確率と計算方法

ビンゴ5の全通りの計算は

5の8乗=390625

まずは先ほどの1等当選確率について、8ライン成立するのはこの1通り!

ビンゴ5の1等

ビンゴ5の1等当選確率=1/390625

 

2等6ライン(16通り)

ビンゴ5の2等の当選条件は「6ライン成立」です。

ビンゴ5の2等

6ラインが成立するのはこのケース

当たらなかったマスは4パターンあり、1マスの中で当たらないケースは4通りありますよね。

だから計算方法は

4×4=16通り
16/390625≒1/24414

 

3等5ライン(48通り)

ビンゴ5の3等の当選条件は「5ライン成立」です。

ビンゴ5の3等

5ラインが成立するのはこの2ケース

「角が1つ外れる」か「向き合う中間のマスが2つ外れる」かのどちらかで、計算方法は

4×4=16通り
2×4×4=32通り

これを足して48通り

48/390625≒1/8138

 

スポンサードリンク

4等4ライン(192通り)

ビンゴ5の4等の当選条件は「4ライン成立」です。

ビンゴ5の4等

4ラインが成立するのはこの2ケース

「角が1つ外れ、その隣の1マスが外れる」か「向かい合わない中間のマスが2マス外れる」かのどちらかで、計算方法は

16×2×4=128通り
4×4×4=64通り

これを足して192通り

192/390625≒1/2035

 

5等3ライン(1248通り)

ビンゴ5の5等の当選条件は「3ライン成立」です。

ビンゴ5の5等

3ラインが成立するのはこの6ケース

計算方法は

4×4×6=96通り
32×8=256通り
8×4×4=128通り
4×4×4×4=256通り
4×4×4×8=512通り

これを足して1248通り

1248/390625≒1/313

 

6等2ライン(6656通り)

ビンゴ5の6等の当選条件は「2ライン成立」です。

ビンゴ5の6等

2ラインが成立するのはこの10ケース

計算方法はかなり量があるので省略します。

6等は6656通りあるので、

6656/390625≒1/59

 

7等1ライン(56832通り)

ビンゴ5の7等の当選条件は「1ライン成立」です。

ビンゴ5の7等

1ラインが成立するのはこの16ケース

計算方法はかなり量があるので省略します。

7等は56832通りあるので、

56832/390625≒1/7

 

スポンサードリンク

ビンゴ5の当選確率を上げるには?

ビンゴ5で確率を上げるために鍵となるのは、角の4マスではないでしょうか。

中央のFREEを生かしやすいし、2マス的中させるだけで1ライン成立させることができますよね。

この角の4マスを生かした必勝法もあります。

1等当選の可能性も秘めながら、数ラインの的中を狙っていくというものですが、興味のある方はこちらの記事も読んでみてください。

関連記事

 

まとめ

ビンゴ5の1~7等の当選確率と計算方法についてまとめました。

ビンゴ5は、ロト7やロト6と比較して当選しやすい宝くじで、遊び要素も入っているので、みんなで楽しむのもアリでしょう。

5~7等なら割と当たりやすいので、小当たりを体感するのに良いかもしれませんね。

そんなビンゴ5の買い方や仕組みでよくわからない所はないでしょうか?

  • 組合せは何通りなの?
  • ビンゴ5ってどこで買えるの?
  • 必勝法みたいなのはないの?

などなど、ビンゴ5の疑問点や実際に購入した様子、当選確率や当選金額といったビンゴ5の中身について書いた記事をまとめたページを用意しました!

最初の購入はいろいろ不安点も多いですが、まずはコチラで流し読みでもしてもらうと必要な知識が身についていくと思います!

また上級者の人にも気づきになる事があるかもしれません。

気になる記事を選んで、ぜひ購入の参考にしてください!

スポンサードリンク