ドリームジャンボの換金方法や換金場所は?支払期間はいつまで?

2019年3月26日

ドリームジャンボ 換金方法

ドリームジャンボの抽選が終わり当選していれば換金に行きましょう!

でも、

  • 換金方法はどうするのか?
  • 換金場所どこなのか?
  • 支払期間はいつまでなのか?
  • ハズレくじはどうするのか?

初めてだとわからないことも多いですが、換金は難しくありません。

そこで今回は、初心者が心配なポイントをまとめたので順番にチェックしていきましょう!

スポンサードリンク

ドリームジャンボの換金方法は?

ドリームジャンボ宝くじの換金方法の流れですが、まず当選番号の確認をしましょう。

>>ドリームジャンボ宝くじ(第787回)当選番号発表!2019年の高額当選者は!?

当選していれば「最寄りの宝くじ売り場」に当たりクジを持っていき「換金して下さい。」と売り場の人に言えば、機械に通して当たりクジだと確認し、その場で払い戻しがされます。

換金方法としてはこれだけです。

ただ、これだけではわからない疑問点もあると思いますが、よくある問題点をまとめてみました。

  • 換金場所って宝くじ売り場なの?
  • 自分が買った宝くじ売り場じゃないとダメなの?
  • 他に換金できる場所ってないの?
  • 1等〇億円当たっても売り場で換金できるの?
  • 換金に必要な物ってあるの?
  • ハズレくじを持っていったらどうなるの?
  • 引き換え期間はあるの?
  • ずっと払い戻しをしなかったらどうなるの?
  • 未換金の宝くじってあるの?
  • ネット購入での換金方法は?

ドリームジャンボの換金方法で心配な点だと思うので、順番に見ていきますね。

スポンサードリンク

ドリームジャンボ換金場所

ドリームジャンボ換金場所は宝くじ売り場ですが、自分が宝くじを買った売り場でなくても換金はできます。

だから北海道で購入して東京で換金することもできるので、全国どの売り場でも大丈夫です。

換金場所はどの売り場でも大丈夫ですが、その売り場の営業時間内に行きましょう。

しかし宝くじ売り場の営業時間はマチマチで、何時までかは調べていただかないとわからないですが、おおよそ10:00~18:00(19:00)の間で営業が行われていると思います。

>>宝くじ売り場の営業は何時まで?年末年始や土日祝日は休みなの?

他の換金場所は「みずほ銀行の本支店」もあります。

宝くじはみずほ銀行が受託し管理運営がされているため、こちらでも当選金の払い戻しが可能です。

しかし、300円程度の小当たりで銀行に行くのは時間がかかるし、近くにみずほ銀行がない地方の方も多いでしょう。

だから少額の場合、宝くじ売り場の方が現実的です。

 

ハズレくじの扱いについて

宝くじのハズレくじは換金対象ではないので、売り場に持って行ってもハズレくじとして返却されます。

特に大量に購入した人は、いちいち自分で当選番号を照らし合わせるのが面倒なので、売り場で全部渡して照会してもらう人も多いです。

その返却されたハズレくじは捨てずに持っておくと『9月2日の宝くじの日』に敗者復活戦の抽選が行われ豪華賞品が当たる可能性があります。

>>宝くじの日お楽しみ抽選は9月2日!賞品はいったい何が当たるの?

 

スポンサードリンク

1等は宝くじ売り場で換金できる?

例えば、1等3億円が当選しても宝くじ売り場で換金できるのか?

これは普通に考えて無理ですよね。

高額当選では「みずほ銀行の本支店での換金」となります。

では、当選金が10万や100万円だったらどうなるのか?

その辺りの線引きが知りたいところですが、これにはいくつかのケースがあり、当選金の段階によって変わってくるのです。

 

1当せん金が1万円以下

1当せん金が1万円以下の少額当選の場合、全国どこの宝くじ売り場でも換金ができます。

自分が購入した売り場でなくても構いません。

 

1当せん金が5万円以下

みずほ銀行の本支店で換金することができます。

ただし、宝くじ売り場に「5万円マーク」があると、1当せん金5万円以下の当せん金のみ換金することが出来ます。

5万円マークとはこのようなマークのことを言います。

ドリームジャンボ 換金場所

これは宝くじの券の裏面にも書かれています。

実際には宝くじ売り場にこのような5万円のマークがあります。

ドリームジャンボ 換金方法

ドリームジャンボ 換金場所

*このマークがない所では、1当せん金あたり1万円を超えるものは換金できません。

これは1枚の当選金が5万円以下の場合になります。

だから複数枚持っていて、合計が5万円を超えるような場合だと宝くじ売り場で換金ができます。

あくまで「1当せん金5万円以下」の場合です。

 

1当せん金が5万円を超える

1当せん金が5万円を超える場合は、すべてみずほ銀行本支店での換金となり、宝くじの裏面の氏名と住所の記入が必要になります。

50万円以上は、本人証明ができる運転免許証や保険証などが必要になります。

100万円を超える場合は、あわせて印鑑の持参が必要になり、場合によっては1週間ほど準備に日数が必要な場合もあるようです。

これはお金の用意や当たりくじの鑑定に時間が必要になるようです。

もちろん銀行の営業時間ないといけませんので、平日9:00~15:00の間に換金に行く必要があります。

 

高額当選したときの手続き

ここまでの換金についてのことは宝くじの裏面にも記載があります。

私は高額当選したことがないので経験がないのですが、100万円など高額当選した人が実際にみずほ銀行で換金したときはどんな手続きだったのか。

それらの話についていろいろとまとめてみると、少し記載内容とは異なる部分もあるようです。

  • 100万円の当選でも印鑑など必要なく、普通の10万円などと同じような手続きだった。
  • 100万円の当選でもその場ですぐに受け取れた。
  • 1000万以上になると2週間以上かかると言われた。

もちろんこれは各みずほ銀行によって、準備がすぐできる場合とそうでない場合などがあるからだと思います。

これらの話はわかりませんので、宝くじの裏面に書かれているような準備はしていった方がいいと思います。

>>宝くじ当選金の換金方法と絶対にやってはいけない受け取り方

 

スポンサードリンク

ドリームジャンボの支払期間はいつまで?

ドリームジャンボ宝くじの支払期間はいつまでなのか。

2019年のドリームジャンボ抽選日は2019年5月10日(金)ですが、支払期間は2019年5月15日~2020年5月14日までの1年間です。

「1年もあるから大丈夫!」だと思っているとあっという間なので、忘れずに支払期間中に換金しましょう。

 

高額当選の換金と贈与税

高額当選の換金で気を付けないといけないのが「贈与税」です。

100万円までの当選では贈与税は関係ないですが、1000万円や〇億円の高額当選となると関わってくる話です。

簡単に説明すると、贈与税は1年間で110万円を超える金額を他人に渡すことで発生する税金です。

宝くじは当選金に対しては所得税などはかからず無税です。

しかし、〇億円という大きな金額になると「親孝行で両親に1000万円ずつあげようかな…。」といった感情も芽生えるかもしれません。

ただ、この時に贈与税が発生し、その贈与した金額に合わせて税率が課せられ、最大55%と言う税金がかかる可能性があります。

贈与税は宝くじの無税の話とは関係がないので、こういう事態の話が出てきちゃうんです。

例えば、5000万円を誰かに贈与する場合、

(5000-110)万円×55%-400(控除額)≒2290万円

贈与税は金額によって税率も変化しますが、最高55%も課税されるため半分くらい税金がかかり約2,300万円も贈与税がかかってしまいます。

こうならないためにも、受け取りには初めから『共同購入』という形で受け取らなくてはなりません。

コチラについて詳しくは別ページでまとめてるので、気になる方はぜひ読んでおいてください。

>>宝くじ当選で翌年税金はかかる?所得税や贈与税がかからない方法は?

 

スポンサードリンク

未換金の宝くじの行方

ドリームジャンボに当選してるのに、未換金のまま放置するとどうなるのか?

これは払い戻し期限の1年間が過ぎてしまうと、ただの紙クズとなってしまいます。

もったいない話ですが結構ある話で、1等〇億円の未換金も意外と多くあります。

1等以外も、300円や3000円の当選で忘れたままになっていることもよくあります。

おじいちゃんおばあちゃんが買ったのを忘れて、封も切らずそのままなんてことも多いです。

そんな未換金の数ですが、ジャンボ宝くじ1億円以上の「未換金」当せん本数をみてみると、2018年10月では

ハロウィンジャンボ:2本
ドリームジャンボ:3本
ドリームジャンボ:1本
ドリームジャンボ:3本
サマージャンボ:16本

支払期限が迫っている順ですが、未換金の当選券が多いですよね。

 

未換金の宝くじの金額

毎年未換金の宝くじがあり、その額はかなりの金額になります。

平成23年度の未換金である「時効当せん金」は約181億円もあったそうです。

他にも、

平成26年度は161億円
平成27年度は165億円
平成28年度は181億円

ジャンボ宝くじを含む、すべての宝くじでこれだけ未換金があるわけですが、1等2等などの高額当選以外で、300円などの小当たりも積もり大きな金額となっているようです。

払い戻し予定だった当選金はどうなってしまうのか?というと、これは収益金として回収され、全国都道府県及び20指定都市で公共事業等に使われます。

だから、当選金は少額でも忘れないようにしてください!

>>宝くじの日の当選番号と賞品は?対象のハズレ券は?

 

ドリームジャンボが未換金のまま放置する理由

どうして宝くじがあたっているのに換金しないのか?

それは宝くじの存在を忘れていたり、換金のタイミングを逃したりなどいろいろ理由はあります。

未換金のままの理由についていくつかまとめてみると、

  • 買ったことを忘れていた。
  • 無くしてしまった。
  • 換金に行こうと思っていたが忘れていた。
  • 当選番号を見間違えていた。
  • 高額当選していたが人生が狂いそうで怖くなった。
  • 購入者が亡くなってしまった。

このような理由が多いようです。

だいたいは「忘れていた」「見間違い」などが理由ですが、中には〇億円当たって人生がくるってしまいそうで怖くなったなどの人もいるようです。

実際に当たってみないとわからない心境なんでしょうね。

>>宝くじに当たった人のその後の人生は幸せ?日本と海外の体験話

 

スポンサードリンク

ネット購入での換金方法は?

ここまでは普通に宝くじ売り場で購入した場合の換金方法でしたが、実はインターネットでも宝くじの購入ができます。

そして2018年10月からは、宝くじ公式サイトでもネット購入ができるようになり、今まで以上にネット購入がしやすくなりました。

中でもジャンボ宝くじがネットで簡単に買えるようになったり、クレジットカードが使えたりポイントが付くなど、サービスがかなり向上したんですね。

>>ジャンボ宝くじをネットで購入!ついにクレジットカードで買える!

ネット購入での換金方法は自動換金で登録口座に振り込まれます。

だから未換金のまま忘れるという事もないし、わざわざみずほ銀行までいかないといけないなどの煩わしいこともありません。

ネット購入の換金は非常に楽だし、安心なのでぜひ活用してみてください。

 

あとがき

ドリームジャンボの換金方法や換金場所についてまとめましたが、基本的には宝くじ売り場で大丈夫です。

ただ、高額当選となると5万円マークのある売り場だったり、さらにみずほ銀行本支店に出向く必要性もあります。

まずは換金忘れがないようにしっかりと確認し、その上で当選額に合わせて払い戻ししていきましょう。

 

スポンサードリンク