年末ジャンボのネット販売と買い方について!当選番号の確認は?

2018年10月15日

年末ジャンボ ネット 販売

年末ジャンボ宝くじはネット販売されていて、宝くじ売り場に行く時間がない人は家でも気軽に購入ができ非常に便利だと思います。

でも、インターネットでの買い方や当選番号の確認とかどうするんでしょう?

また代金の支払いや当選の払い戻しもどうすればいいのか?心配な点も多いと思います。

そこで今回は、年末ジャンボのネット購入方法当選後の払い戻し発売期間や予約方法など、気になるネットの活用法についてまとめました!

スポンサードリンク

年末ジャンボ宝くじのネット販売について

年末ジャンボ宝くじはインターネットで販売されていますが、現在、年末ジャンボを始めとするジャンボ宝くじ(サマージャンボやドリームジャンボなど)は、

  1. みずほ銀行
  2. 宝くじ公式サイト

この2つのサイトから購入が可能です。

みずほ銀行のネット購入では、「みずほ銀行の口座開設」や「宝くじラッキーライン」の申込書の記入が必要となるため、まずは登録手続きをしましょう。⇒「宝くじラッキーライン

年末ジャンボ宝くじを始め、年末ジャンボミニや年末ジャンボプチも同じく購入ができます!(*2019年はプチの発売予定はありません。)

スポンサードリンク

宝くじ公式サイトで年末ジャンボのネット販売がスタート!

実は2018年10月より、インターネット購入が「宝くじ公式サイト」から可能になりました!

以前はジャンボ宝くじのネット購入は「みずほ銀行経由でないと購入できなかった」ため、みずほ銀行のネット口座が必要となっていました。

しかし、宝くじ公式サイトで購入が可能となり、みずほ銀行のネット口座開設は必要なくなりました。

宝くじ公式サイトでも口座は必要ですが、どこの口座でも構いませんし受け取りに使うだけです。

購入はクレジットカードで行われるので、こちらの用意はしておかないといけません。

それでは、それぞれのネット購入方法について見ていきましょう!

 

年末ジャンボのネットでの買い方(みずほ銀行)

年末ジャンボ ネット 買い方

年末ジャンボのネットでの買い方ですが、まずは「みずほ銀行の宝くじラッキーライン」や「みずほダイレクト」での買い方についてみていきます。

みずほ銀行経由ではネットバンキングで使える口座の開設が必要となります。

そして宝くじラッキーラインにログインし、「宝くじ商品案内」にある年末ジャンボ宝くじを選択します。(*販売期間中のみ表示される)

そこで購入したい分の宝くじを購入すればいいのですが、宝くじラッキーラインに購入単位・購入限度があり、年末ジャンボを含むジャンボ宝くじや全国通常宝くじ、ブロック宝くじは

  • 購入単位:1口(10枚)
  • 1日あたりの購入限度:100口(1,000枚)

このような制限があります。

基本的には10枚一口の連番とバラでの購入となります。この条件でいくつか欲しい枚数を購入していきましょう。

ひとまず購入についてはこれで完了です。

スポンサードリンク

ネット購入の代金の引き落としは?

宝くじラッキーラインで年末ジャンボを購入するとき、代金はいつ引き落とされるのか?

これは購入した時点で指定口座から引き落とされます。

また「購入明細通知書」が郵送されるので、その郵送料(1通62円)が同時に引き落とされます。

購入自体の手数料などはかかりません。

 

年末ジャンボをネット購入した後の当選番号の確認は?

年末ジャンボ 買い方 ネット

年末ジャンボ宝くじを宝くじラッキーラインでネット購入したとき、当選番号ってどう確認すればいいのか?

ここがわからないですよね。

まず、現物の年末ジャンボが自宅に送られてくるわけではなくネット上で完結します。

宝くじラッキーラインで購入した宝くじの当選番号の確認は「購入明細通知書」というものが郵送されます。

そこに購入した番号が載っているので、それで確認するのです。購入明細通知書は発売開始日以降に届くようになっています。

また、宝くじラッキーラインで購入した宝くじの当せん結果を知りたい場合は、「照会サービス」の当せん金の欄を見れば確認ができます。

*ただし、表示は抽選日から2~3日ほどかかる可能性があるとのことです。

スポンサードリンク

ネット購入で年末ジャンボが当選したら換金は?

ネットで年末ジャンボ宝くじを購入して当選したら換金方法が気になりますが、基本的には指定口座に払い戻しがされます。

ですので、絶対に受け取り忘れというものがないため、これはネット購入のメリットの内の一つです。

この当せん金の受け取りにはいくつかの段階があり、

  • 1万円未満:当せん金の入金をもって、通知とする。
  • 1万円以上300万円以下:当せん金のご入金をもって、通知とする。
  • 300万円超:「当せん通知書」が郵送される。

これらの違いがあるんですね。

年末ジャンボのネット購入方法(宝くじ公式サイト)

年末ジャンボのネット購入方法みずほ銀行のラッキーラインで年末ジャンボがネット購入できますが、2018年10月から「宝くじ公式サイト」でもネット販売がスタートしました。

これにより、今までなかった大きなメリットが増えました。

まず宝くじ公式サイトで年末ジャンボを購入することで、1%のポイントが付くようになります。

そしてクレジット特典もしっかりとつくので、クレジットカードの使用ポイントや割引制度なども適用されるのです!

メリットがかなり多いので、気になる方はチェックしてみましょう!

これによってネット購入がかなり楽になったほか、ネット購入だけのお得な特典がたくさんあります。

実際に購入した様子はコチラで

⇒【ジャンボ宝くじをネットで購入してみた!ついにクレジットカードで買える!

みずほ銀行経由と比較して「支払い、払い戻し、買い方、特典」など、かなり違うので、宝くじ公式サイトでのネット購入の仕方はチェックしておいてください!

 

スポンサードリンク

ネット購入でも「宝くじの日抽選」に参加できるの?

年末ジャンボ宝くじは、9月2日の宝くじの日お楽しみ抽選というハズレ券を扱った抽選回に参加できます。

ネット購入の場合は自動で行われ、当選すると賞品カタログと申込はがきが送られてくるので、プレゼントをもらうためにもしっかり書き入れて送りましょう。

関連記事

 

たくさん宝くじを購入する人にとっては、いちいち抽選番号を確認しなくていいので非常に楽です。

さらにこの日を忘れていたとしても、当選した通知のハガキが送られてくればしっかりと思いだすことができますよね。

こういった面に関してはメリットが大きいと思います。

年末ジャンボのネット購入メリットとデメリット

年末ジャンボのネット購入には大きなメリットとデメリットがあります。

まずメリットですが、

  • 24時間いつでも購入ができる。
  • 予約購入ができる。
  • 当選したかどうか自動で分かる。
  • 払い戻し忘れがなくなる。
  • 宝くじ公式サイトで購入すると宝くじポイントクレジット特典がつく。
  • 現物がないので家族に購入がバレない。

クレジット購入となるため、カードの特典が受けれたりサイト専用ポイントがついたりするので非常にお得です。

一方のデメリットは、

  • 金銭感覚が失われやすい。
  • 現物がないので実感がわきにくい。
  • 当選番号を一つずつ確認する楽しみが薄れる。

ネット上だけでの完結なので、宝くじを買ったという実感は湧きにくいかもしれません。

メリットとデメリットが表裏一体の部分もあります。

スポンサードリンク

年末ジャンボのネット発売はいつからいつまで?

年末ジャンボ宝くじのネットでの発売はいつからいつまでなのか?

ネット購入でも発売期間は変わりはなく、2019年の年末ジャンボ宝くじは

2019年11月20日(水)~12月21日(土)

この約1か月間となります。

ただ、ネットの場合は「予約購入」ができます。

宝くじ公式サイトの場合は、この発売開始日よりも約1か月前から予約購入が可能なので、実質2ヶ月ほどの販売期間が設けられています。

これもネット購入の大きなメリットの一つなので、早くから予約しておくのもアリですね。

年末ジャンボは楽天銀行でもネット販売がある?

年末ジャンボ ネット 楽天銀行

年末ジャンボはみずほ銀行や宝くじ公式サイトでネット購入できますが、楽天などでは購入できないのか?気になりますよね。

実は、楽天などではジャンボ宝くじは購入できません。

楽天銀行に登録していれば数字選択式のロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズ4、ナンバーズ3であれば購入が可能となっています。(ビンゴ5やスクラッチは無理)

他にもジャパンネット銀行や三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などでも数字選択式宝くじの購入は可能です(2019年時、ジャンボは買えません)

ジャンボ宝くじのネット購入は「みずほ銀行」か「宝くじ公式サイト」の2つと覚えておきましょう。

 

西銀座チャンスセンターの宝くじ購入代行サービスとは?

年末ジャンボ ネット 販売

例外的なことを言うと、年末ジャンボ宝くじのネット販売は「みずほ銀行ラッキーライン」や「宝くじ公式サイト」だけではありません。

宝くじ購入代行サービス

という方法もあります。

これは、日本一有名な宝くじ売り場の『西銀座チャンスセンター』で購入することを代行してくれるサービスです。

「別に、売り場なんてどこでもいいんじゃないの?」

と思う人もいるかもしれませんが、西銀座チャンスセンターは毎回のようにジャンボ宝くじで1等が出ていて、特に年末ジャンボに至っては平成時代入って29年連続で1等が出ています!

西銀座チャンスセンターを知ってるも、全く知らなかった人も、

人生で一度は挑戦してみたい!

そんなふうに心の片隅に思うところがあるんじゃないでしょうか?

でも、東京近郊で住んでるならまだしも、地方の人間には

「わざわざ宝くじ買うためだけに東京なんていけないよ・・・。」

そんなふうに思っちゃうし、東京近郊に住んでる人ですら、

「すごい混んでて面倒だしなぁ…。」

って思うほど混んでることもあります。(初日は4時間以上待つことも!)

でも、

  • ネットで簡単、24時間いつでも
  • 当たりがよく出る好きな窓口で
  • 縁起の良い初日や最終日、大安や一粒万倍日に

自分の代わりに西銀座チャンスセンターで購入してくれたら楽チンですよね。

宝くじ購入代行サービス

そんな面倒で時間のかかる西銀座チャンスセンターでの購入、そして買った宝くじを家まで郵送してくれる

『宝くじ購入代行サービス』

というものがあるんです。

もしあなたも「西銀座チャンスセンター」で一度は買ってみたかったけど、いろんな理由であきらめていた方は、こちらのページをぜひ一度ご覧になって下さい。

宝くじ購入代行サービス「ドリームウェイ」について

私も実際に購入代行サービスをしてみました!

その様子も掲載してるので、ぜひ覗いてみてください。

年末ジャンボってネットで購入して当たるの?

年末ジャンボもネット購入したら何かと便利だしメリットも多いですが、結局のところ

「年末ジャンボってネットで購入して当たるの?」

何かネットだと操作されてて当たらないんじゃないの?といった心配があったりするものですよね。

宝くじ公式サイトでは、2018年に初めて年末ジャンボのネット販売が開始されましたが、なんといきなり1等当選者が現れました!

ミニやプチでも当選者がたくさん現れたようで、決して「ネットだから当たらない」という事はないので安心してください。

 

あとがき

年末ジャンボはネットで販売、購入ができるのか?

ネットでの買い方や当選番号の確認、支払いや払い戻しの方法などまとめましたが、自動で行われることが多いですね。

払い戻しなどは特に忘れることがないのでメリットです。

ネット購入は便利なことが多いので、手元に年末ジャンボ宝くじを残したくない人や、自動ですべてやって欲しい人には嬉しいサービスだと思います。

そんな年末ジャンボの当選確率や本数、賞金額などはコチラで確認できるのでぜひ読んでみてください。

 

スポンサードリンク