宝くじで1000万円が当たりやすい種類はどれ?徹底比較してみた!

2018年12月26日

宝くじ 1000万 当たりやすい

宝くじを買う人はやっぱり高額当選を狙うと思います。

その中でも1000万円の大台となるとかなり嬉しい当選になりますよね。

〇億円とまではいかなくても、1000万円台の賞金が当たるというのは人生も結構変えてしまうようなお金だと思います。

その1000万円の宝くじが当たりやすい種類っていったいどれなのか?

なんとなく今までジャンボ宝くじだけ購入していた人も多いと思いますが、実はジャンボより億越えの当選確率の高いクジもいくつかあります。

今回は、賞金額が1000万円の宝くじに注目しまとめてみました。

スポンサードリンク

宝くじで1000万円が当たりやすい種類はどれ?

宝くじ 1000万 当たりやすい宝くじで1000万円が当たりやすい種類はどれなのか?

宝くじを当てるなら大きい賞金を狙いたいと思いますが、〇億円となってくると当選確率が1/1000万とかになって現実離れしすぎていますよね。

でも、1000万円ほどとなると、だいぶハードルも下がって「これなら当たる可能性があるかもしれない」と思えるほどになってきます。

その中でもやっぱり「ジャンボ宝くじ」を買い続けている人も多いですよね。

そしてジャンボ宝くじの中でも、今では「○○ジャンボミニ」という種類もすっかり定着し、数千万円を狙う人たちに人気となっています。

では、1000万円以上の大台を当てるには、どの宝くじの種類が一番近道なのか?

まずは宝くじの種類についてみていきますが、ジャンボ宝くじをはじめ

  • ジャンボ宝くじ
  • 通常宝くじ
  • ロト7
  • ロト6
  • ミニロト
  • ビンゴ5
  • ナンバーズ4
  • ナンバーズ3
  • スクラッチ

このようになっています。

*totoはサッカーくじ(スポーツ振興くじ)なので今回の宝くじとは別扱いになります。

この中で1000万円以上の賞金を狙えるのは、

  • ジャンボ宝くじ
  • ジャンボミニ
  • 通常くじ
  • ロト7
  • ロト6
  • ミニロト
  • スクラッチ

この7種類が基本線です。

通常くじやスクラッチは開催回によって賞金が変わりますし、ミニロトも当選者が多いと賞金額の変動はあります。

ジャンボ宝くじの1等賞金は2~5億円と非常に大きく、年末ジャンボは7億円というとんでもない額になります。

しかし、ジャンボ宝くじは1等当選確率1/1000万(*年末ジャンボ宝くじは1/2000万)と、確率がとても低いのです。

ジャンボ宝くじでは1等賞金額が大きく確率が低いため、「1000万円狙い」という今回のテーマには沿いません。

関連記事

 

普通くじやスクラッチについても同様に、毎回賞金額や当選確率は変化するので狙いにくい種類となってしまいます。

そうなると次に注目なのが、ロト系の数字選択式宝くじです!

 

スポンサードリンク

1000万円が当たりやすいロト系の種類は?

1000万円を狙うのならロト系のロト7ロト6ミニロトがあります。

宝くじ 1000万 当たりやすい種類

  • ロト7(6億円)
  • ロト6(2億円)
  • ミニロト(1000万円)

賞金額は理論値ですが、キャリーオーバーが加わると

  • ロト7(最大10億円)
  • ロト6(最大6億円)
  • ミニロト(最大4000万円)

こんなに高額の賞金のチャンスがあるので、ロトを購入するならキャリーオーバー時が狙い目ですね。

*ただしミニロトの場合は当選確率が高いため、キャリーオーバーは設定されていません。

そして当選確率は、

  • ロト7(1/1030万)
  • ロト6(1/610万)
  • ミニロト(1/17万)

こう見るとロト6が〇億円を狙う上で当選確率が高いですし、しかも一口の値段が200円です(ロト7は300円)

〇億円という金額を狙うのであれば、ロト6は優秀ですね。

ただ、今回のテーマである1000万円を狙うならミニロトですね。

ジャンボ宝くじやロトにも「2等1000万円」などの賞金が設定されていますが、その当選確率はミニロトに比べ低いです。

例えば、ロト6の2等1000万円の当選確率は約1/102万なので、最初から1000万円狙いの場合はミニロトの方が断然有利です。

関連記事

 

ロト6だと億越えのチャンスもありますが、自分の求める賞金額に狙いを定めて選んだ方が当選の近道になると思いますけどね。

遊びやイベント要素が欲しいならジャンボ宝くじもアリでしょう。

スポンサードリンク

1000万円を当てたい人のための宝くじ

基本的にはジャンボ宝くじやロト系に1000万円以上の当選の可能性がありますが

「億は狙わず1000万円を狙う!」

という部分に絞って狙うのなら、1等賞金がピンポイントで1000万円で登場する宝くじもあります。

例えば、年末ジャンボプチは2016年に1等賞金額が1000万円でしたし、2018年でも1000万円に戻っています。

宝くじ 1000万 当たりやすい種類

この時の1等当選確率は1/10万で、1000万枚中100枚も1等当選券が入っているという高確率の宝くじでした。

これはミニロトが理論値1000万円の1等賞金で当選確率が1/17万なので、それよりもかなり高確率となっていることがわかります。

関連記事

 

ただ、ミニロトは1口200円で年末ジャンボプチは1枚300円という違いはありますけどね。

そういう意味でいうと「レインボーくじ」(第400回 地域医療等振興自治宝くじ)という宝くじが発売されましたが、これは1口100円で1等賞金が1000万円と設定されていました。

その当選確率は3/1000万となっており、ミニロトや年末ジャンボプチに比べると明らかに低いですが、気軽に楽しめる宝くじとなっていました。

同じように賞金が1000万円でも宝くじによって条件が変わってきます。

今回の例でピックアップした宝くじで条件分けするなら、

  • 普段1000万円を狙うならミニロト
  • 特別な時に高確率で狙いたいなら年末ジャンボプチ
  • 気軽に参加してみたいならレインボーくじ

こんなふうに選び分けることができるかもしれません。

こういった宝くじが1年の中でもたまに登場するので、見かけた時は一度チェックしてみてください。

スポンサードリンク

ジャンボのミニは1000万円以上が当たりやすい?

1000万円以上を狙いたいとき、サマージャンボミニや年末ジャンボミニという宝くじを購入される方も多いんじゃないでしょうか。

最近はジャンボ宝くじが高額化の傾向にあり、それに伴って1000万円台などの当選確率が著しく減少しました。

しかし

  • 「当たる気がしない」
  • 「もっと賞金額を抑えてもいいから当たる宝くじが買いたい」

という声が6割近くもあることから、そのニーズにこたえるために生まれたのがジャンボ宝くじのミニです。

宝くじ 1000万 当たりやすい種類

それも今ではすっかりと定着していますが、毎年毎回ミニの賞金額や当選確率は変動します。

以前は年末ジャンボミニも1等1億円の時代がありましたが、今では3000万円などに抑えられ、その代わりに他の等級の当選確率が上がったりなど、毎年変化を見せています。

年末ジャンボミニでいうと

宝くじ 1000万 当たりやすい種類

年代1等賞金前後賞1等確率
2018年3000万円1000万円5/1000万
2017年5000万円1000万円7/1000万
2016年1億円なし7/1000万
2015年7000万円なし10/1000万
2014年7000万円なし10/1000万
2013年7000万円なし10/1000万

このような変化がありますが、2018年は1等賞金が少なく本数も減っていてダメな感じになってますが、その代わりに等級がすごく増えて低い当選金が潤っています。

毎年傾向は変わるので、当選金や本数はその都度チェックして下さい。

関連記事

 

まとめ

宝くじで1000万円が当たりやすい宝くじはどれなのか?

色々と見てきましたが、ジャンボ宝くじしか見ていなかった人は「こういう宝くじもあるんだな。」という事で少し選ぶ幅が広くなったんじゃないでしょうか。

とりあえず1000万円越えを狙いたいというのであれば、2016年や2018年の年末ジャンボプチのような宝くじは狙い目でしたね。

ただ、最近はこういう宝くじがいつ出るかもわからないので、普段であればミニロトに狙いを定めて挑戦するのが良いと思います。

 

他にも「1億円を狙いたい」「100万円を狙いたい」といったケースもシミュレーションしているので、良ければこちらも参考にしてください。

関連記事

 

スポンサードリンク