宝くじで10万円が当たりやすい種類はどれ?徹底比較してみた!

2018年12月27日

宝くじ 10万円 当たりやすい

宝くじを買う人の多くは高額当選を狙うと思います。

〇億円、〇○○〇万円などの高額賞金が出る宝くじはたくさんありますが、実際買ってみると全然当たらなくてあきらめムードの人もいるかもしれません。

  • どうせだったら当選した喜びを味わいたい!
  • もっと現実的に当たりそうな宝くじで遊びたい!
  • 10万円くらいでも十分!

そんな考えで10万円台を狙う人も多いんじゃないでしょうか。

10万円でも当たれば普通にすごいですよね。

欲しかった家電や趣味のものも色々買えたり、旅行や美味しい食べ物を味わったりすることもできますよね。

では、その10万円の宝くじが当たりやすい種類っていったいどれなのか?

なんとなく今までジャンボ宝くじだけ購入していた人も多いと思いますが、10万円を狙うとなると、実はジャンボより当選確率の高いクジがたくさんあります。

今回は、賞金額が10万円台の宝くじに注目しまとめてみました。

スポンサードリンク

10万円が当たりやすい宝くじの種類はどれ?

宝くじで10万円が当たりやすい種類はどれなのか?

宝くじを当てるなら大きい賞金を狙いたいと思いますが、〇億円となってくると当選確率が1/1000万とかになって現実離れしすぎていますよね。

1000万円台となるとハードルも下がって「これなら当たる可能性があるかもしれない」と思えるほどになってきます。

しかし、それでもまだ高い当選確率で1/10万とかなので、もっと当選確率を上げたいと感じる人も多いと思います。

では、10万円を当てるには、どの宝くじの種類が一番近道なのか?

まずは宝くじの種類についてみていきますが、ジャンボ宝くじをはじめ

  • ジャンボ宝くじ
  • 通常宝くじ
  • ロト7
  • ロト6
  • ミニロト
  • ビンゴ5
  • ナンバーズ4
  • ナンバーズ3
  • スクラッチ

このようになっています。

*totoはサッカーくじ(スポーツ振興くじ)なので今回の宝くじとは別扱いになります。

10万円の賞金だと、ここにある宝くじすべてで狙えます。

ただしナンバーズ3は理論値9万円なので、開催回によっては10万円に届かないこともあるのでおおよそ10万円と扱わさせてもらいます。スクラッチも開催回によって1等賞金は変動します。

スポンサードリンク

それぞれの当選確率を見ていくと、ジャンボ宝くじやジャンボミニの10万円の確率は毎回変動します。

確定した確率は出せないのですが、例えば2018年の年末ジャンボ宝くじの10万円について見ていきます。

宝くじ 10万円 当たりやすい

4等:10万円
当選確率は1/5000

では、2018年サマージャンボ宝くじの10万円について見ていきます。

宝くじ 10万 当たりやすい

4等:10万円
当選確率は3/10万

同じジャンボ宝くじでもここまで違うんですね。

ちなみに2018年の年末ジャンボミニの10万円は

年末ジャンボミニ 当選確率

4等:10万円
当選確率は3/1万

2018年のハロウィンジャンボミニの10万円は

宝くじ 10万 当たりやすい

3等:10万円
当選確率は1/5000

ミニでも大きな違いがみられます。

「通常くじ」と呼ばれるものも一つ例として挙げると、

「ワールドマスターズゲームズ協賛くじ」(第2555回 近畿宝くじ)

こちらでは

3等:10万円
当選確率は1/1万

しかも1口200円となってるので参加はしやすいです。

ジャンボ宝くじやジャンボミニ、普通くじで100万円を狙うとなると当選確率をしっかりと確認しておかなくてはいけません。

スポンサードリンク

10万円が当たりやすいロト系の種類

ジャンボ宝くじや普通くじ以外で10万円以上を狙うのならロト系のロト7ロト6ミニロトがあります。

ビンゴ5も入れると

  • ロト7(6億円)
  • ロト6(2億円)
  • ミニロト(1000万円)
  • ビンゴ5(555万円)

賞金額は理論値ですが、キャリーオーバーが加わると

  • ロト7(最大10億円)
  • ロト6(最大6億円)
  • ミニロト(最大4000万円)
  • ビンゴ5(最大3000万円)

こんなに高額の賞金のチャンスがあるので、ロトを購入するならキャリーオーバー時が狙い目ですね。

*ただしミニロトやビンゴ5の場合は当選確率が高いため、キャリーオーバーは設定されていません。

そして当選確率は、

  • ロト7(1/1030万)
  • ロト6(1/610万)
  • ミニロト(1/17万)
  • ビンゴ5(1/39万)

こう見るとロト6が〇億円を狙う上で当選確率が高いですし、しかも一口の値段が200円です(ロト7は300円)

〇億円という金額を狙うのであれば、ロト6は優秀ですね。

関連記事

 

では、今回のテーマである10万円を狙うならどれを狙っていけばいいのか?

ロト系の当選金額と当選確率を一覧表にまとめてみました。

 

ロト系の当選金額と当選確率

宝くじ 10万 当たりやすい種類

種類ロト7ロト6ミニロト
1等6億円
(1/1030万)
2億円
(1/610万)
1000万円
(1/17万)
2等730万円
(1/74万)
1000万円
(1/102万)
15万円
(1/34000)
3等73万円
(1/53000)
30万円
(1/28000)
1万円
(1/1360)
4等9100円
(1/1130)
6800円
(1/610)
1000円
(1/52)
5等1400円
(1/72)
1000円
(1/39)
なし
6等1000円
(1/42)
なしなし

*()内はおおよその当選確率 賞金額は理論値

こうやって比べるとわかりやすいですが、10万円という賞金であれば

ロト6の3等30万円(1/28000)
ミニロトの2等15万円(1/34000)

といったところでしょうか。

2018年の年末ジャンボミニやハロウィンジャンボミニに比べると、ずいぶん当選確率が低く感じてしまいますね。

スポンサードリンク

ビンゴ5と10万円の当たりやすさについて

ビンゴ5はロト系に比べると人気がありません。

というのも

  • やり方がややこしい。
  • 投票が面倒
  • 1等賞金額が低い

などデメリットが多いのです。

1等賞金額は理論値555万円にもかかわらず、当選確率は1/39万となっています。

ミニロトが1等賞金額1000万円で当選確率1/17万なので、ビンゴ5を買う理由が難しいです。

宝くじ 10万円 当たりやすい

では、ビンゴ5のメリットは何かというと等級の多さにあり、1~7等という幅広いチャンスがあるので、遊びとしては優秀なんですね。

ただ、10万円を当てるという意味では、

  • 1等8ライン成立555万円(1/39万)
  • 2等6ライン成立30万円(1/24000)
  • 3等5ライン成立45000円(1/8100)

だから2等を当てないと10万円以上にはなりませんし、そこまでうま味のある宝くじでもないんですよね。

 

ナンバーズ3は最も10万円が当たりやすい?

ナンバーズ4

次はナンバーズ系ですが、ナンバーズ3と4があり、それぞれ

ナンバーズ3:3ケタの数字を当てる
ナンバーズ4:4ケタの数字を当てる

例えば、ナンバーズ3なら「613」「211」「007」などの数字、ナンバーズ4なら「8267」「4441」「7777」などの数字を当てたりする宝くじです。

ナンバーズ3は1等賞金額は理論値で9万円
ナンバーズ4は1等賞金額は理論値で90万円

となっており両方とも当選確率が高く

ナンバーズ3:1/1000
ナンバーズ4:1/10000

2018年の年末ジャンボミニの10万円で当選確率3/10万(1/3333)とかなので、かなり高い確率だと思います。

そしてナンバーズは一口200円なので、ロト7やジャンボ宝くじに比べても安いので、とても10万円に近い宝くじではないでしょうか。

ただ、これはメリットかデメリットかわかりませんが、ナンバーズは月~金曜日の平日は毎日開催されているのです。

毎日やっていたら中毒のようですし、意地になってしまうこともあるかもしれません。

だから遊び方には注意して欲しいと思います。

スポンサードリンク

スクラッチは10万円が当たりやすいか?

スクラッチは手軽に遊べて、その場で結果がわかるという遊び要素がたっぷりの宝くじです。

バリエーションも非常に多くて、当選条件や賞金額、ドラゴンボールやワンピースなどのアニメキャラとのコラボなど、楽しみ方もたくさんあります。

そのスクラッチの賞金はかなり幅が広くて、1等5万円のライトなものがあると思ったら1億円の本格的な賞金額のものまで多数あり、しかも毎回のようにモデルチェンジし飽きさせません。

宝くじ 10万円 当たりやすい

もちろん1等賞金が10万円のスクラッチもありますが、他の等級との絡みもあり当選確率は一定ではありません。

こちらで調べたところ、おおよそですが1等10万円の当選確率は

1/7000~1/4000

このぐらいの確率の幅があります。

この確率を見ても、やはりナンバーズ3の方が高確率ですね。

例えば、

ドラゴンボールスクラッチ クリリン2 ラッキー3(第2589回 近畿宝くじ)

宝くじ 10万円 当たりやすい

こちらでは1等賞金10万円で当選確率が1/6666ほどなので、そこまで確率の良いものでもありません。

ただ、スクラッチは削って楽しめすぐ結果がわかる手軽さがウリなので、タイミングが合えばチャレンジしてみましょう。

 

まとめ

宝くじで10万円が当たりやすい宝くじはどれなのか?

色々と見てきましたが、ジャンボ宝くじしか見ていなかった人は「こういう宝くじもあるんだな。」という事で少し選ぶ幅が広くなったんじゃないでしょうか。

とりあえず10万円を狙いたいというのであれば、ナンバーズ3はオススメです。

また、意外とジャンボ系にもチャンスがある時も!

ただ、ジャンボ宝くじやスクラッチはいつ10万円が狙いやすいかわからないので、普段であればナンバーズ3に狙いを定めて挑戦するのが良いと思います。

 

他にも「1億円を狙いたい」「1000万円を狙いたい」といったケースもシミュレーションしているので、良ければこちらも参考にしてください。

関連記事

 

スポンサードリンク