宝くじで1億円が当たりやすい種類はどれ?徹底比較してみた!

2018年12月20日

宝くじ 1億円 当たりやすい種類

宝くじを買う人はやっぱり高額当選を狙うと思います。

その中でも特に「1億円以上の宝くじを当てたい!」と大きな夢を持つ人も多いですよね。

その1億円の宝くじが当たりやすい種類っていったいどれなのか?

なんとなくジャンボ宝くじだけ購入していた人も多いと思いますが、実はジャンボより億越えの当選確率の高い種類もあります。

今回は、1等賞金額が1億円以上の宝くじに注目しまとめてみました。

スポンサードリンク

宝くじで1億円が当たりやすい種類はどれ?

宝くじで1億円が当たりやすい種類はどれなのか?

宝くじを当てるなら大きい賞金を狙いたいですよね。

その中でもやっぱり億を超える額が欲しいから、ジャンボ宝くじを買い続けている人も多いですよね。

その億越えの1億円という大台を当てるには、どの宝くじの種類が一番近道なのか?

ただ、宝くじといっても種類はたくさんあって、ジャンボ宝くじをはじめ

  • ジャンボ宝くじ
  • 通常宝くじ
  • ロト7
  • ロト6
  • ミニロト
  • ビンゴ5
  • ナンバーズ4
  • ナンバーズ3
  • スクラッチ

このようになっています。

*totoはサッカーくじ(スポーツ振興くじ)なので今回の宝くじとは別扱いになります。

この中で1億円以上の賞金を狙えるのは、

  1. ジャンボ宝くじ
  2. ロト7
  3. ロト6

この3種類が基本線です。

そして、それぞれの当選確率を見ていくと、ジャンボ宝くじの1等の当選確率は1/1000万になります。(*年末ジャンボ宝くじは1/2000万です。)

一等賞金が最も高いのは年末ジャンボでおよそ7億円ですが、1/2000万でかなり低い確率なんですね。

普通のジャンボ宝くじだと、約2~5億円くらいになります。

前後賞も1億円を超えることが多いので、そちらも計算に入れると前後賞の確率は2/1000万となります。

だからジャンボ宝くじだと1等と前後賞を合わせて、3/1000万の確率で〇億円を手にできる確率です。(*発売回によって異なる場合があります)

 

ジャンボ宝くじの種類別の賞金と確率

ジャンボ宝くじについて、表にしてわかりやすくすると

ジャンボの種類1等賞金前後賞賞金1等確率前後賞確率
バレンタインジャンボ2億円5000万円1/1000万1/500万
ドリームジャンボ3億円1億円1/1000万1/500万
サマージャンボ5億円1億円1/1000万1/500万
ハロウィンジャンボ3億円1億円1/1000万1/500万
年末ジャンボ7億円1億5000万円1/2000万1/1000万

*2018年度の賞金額や当選確率を参照

こうするとわかりやすいですが、ジャンボ宝くじの中で1億円越え狙いの一番いい種類は「サマージャンボ宝くじ」というのがわかりますね。

関連記事

 

一方の年末ジャンボは賞金額は高いですが、当選確率が低いので当たりにくい種類だというのがわかります。

 

スポンサードリンク

1億円が当たりやすいロト系の当選確率

ジャンボ宝くじ以外で1億円以上を狙うのならロト7ロト6があります。

  • ロト7(6億円)
  • ロト6(2億円)

賞金額は理論値ですが、キャリーオーバーが加わると

  • ロト7(最大10億円)
  • ロト6(最大6億円)

こんなに高額の賞金のチャンスがあるので、ロトを購入するならキャリーオーバー時が狙い目ですね。

宝くじ 当たりやすい種類

そして当選確率は、

  • ロト7(1/1030万)
  • ロト6(1/610万)

こう見るとロト6が当選確率が高いですし、しかも一口の値段が200円です(ロト7やジャンボ宝くじは300円)

〇億円という金額を狙うのであれば、ロト6は優秀ですね。

関連記事

 

もちろんジャンボ宝くじなどは、2等や3等などの等級も幅広く設けられているので、他で引っかかる可能性は高いです。

イベント的な要素で遊びも重視するなら、ジャンボ宝くじの方が気軽でしょうね。

億越えといっても前後賞(1億円の場合)まで入れて考えるなら、確率で言えばジャンボ宝くじも視野に入れて良いでしょう。

スポンサードリンク

1億円当てたい人のための宝くじ

基本的にはジャンボ宝くじやロト系に1億円以上の当選の可能性がありますが、まれに1等賞金が1億円で登場する他の宝くじもあります。

例えば、年末ジャンボミニは2016年に1等賞金額が1億円の時がありました。

宝くじ 1億円 当たりやすい種類

この時の1等当選確率は7/1000万だったので、約1/143万という高確率だったんです。

また、スクラッチで1等賞金1億円という史上最高額の宝くじが

「ドラゴンボールスクラッチ 孫悟空2 オラに元気を!元気玉!」

宝くじ 1億円 当たりやすい種類

これは1等が5本入っており、当選確率が「5/1000万=1/200万」というスクラッチでした。

その他に1枚の値段が500円というメチャクチャ高い宝くじもあり、例えば、

「宝くじの日記念」くじ(第684回全国自治宝くじ)

これが1枚500円だったのですが、1等賞金は2億5,000万円、1等の前後賞が各2,500万円で、1等と前後賞合わせて3億円という宝くじでした。

賞金額はジャンボ宝くじ並みです。

ジャンボ宝くじの当選確率は1/1000万ですが、この「宝くじの日記念」くじの1等の当選確率は3/1000万となり、3倍当たりやすくなっていました。

こういった宝くじが1年の中でもたまに登場するので、見かけた時は一度チェックしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

宝くじで1億円が当たりやすい種類はどれなのか?

色々と見てきましたが、ジャンボ宝くじしか見ていなかった人は「こういう宝くじもあるんだな。」という事で少し選ぶ幅が広くなったんじゃないでしょうか。

とりあえず億越えを狙いたいというのであれば、2016年の年末ジャンボミニのような宝くじは狙い目でしたね。

ただ、最近はこういう宝くじがいつ出るかもわからないので、普段狙っていくのであればサマージャンボやドリームジャンボなどの通常ジャンボ宝くじか、もしくはロト6が良いでしょう。

 

他にも「1000万円を狙いたい」「100万円を狙いたい」といったケースもシミュレーションしているので、良ければこちらも参考にしてください。

関連記事

 

スポンサードリンク