2019年の年末ジャンボプチの当選番号は?

2018年11月30日

年末ジャンボプチ 当選番号

2019年は年末ジャンボプチの発売がありません!

ですので、ここから先の記載については昨年の当選番号について掲載しています。

今年発売されるのは、

  1. 年末ジャンボ宝くじ(第818回)
  2. 年末ジャンボミニ(第819回)

この2種類が発売します。

ここから先は昨年の年末ジャンボプチの当選番号の結果についての話なので、興味のある方は昨年の様子について眺める程度でご覧ください。

スポンサードリンク

年末ジャンボプチ(第772回)当選番号

2018年の年末ジャンボプチ(第772回)の当選番号は、大晦日12月31日に抽選会が行われます。

今年の結果をまとめました。

等級当選金額当選番号
1等1000万円各組共通197702番
2等10万円下4ケタ0821番
3等1万円下3ケタ614番
4等300円下1ケタ7番

抽選日:2018年12月31日(月) 大晦日
支払期間:2019年1月7日(月)~2020年1月6日(月)

年末ジャンボプチの抽選会では、同時に年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボミニも当選番号の発表があります。

関連記事

 

スポンサードリンク

年末ジャンボプチの支払期間

12月31日の大晦日に年末ジャンボプチの抽選会があり、年を越してから払い戻しがされます。

その支払期間は

2019年1月7日(月)~2020年1月6日(月)

この1年間となり、支払期間が過ぎると無効となってしまいますので注意してください。

関連記事

 

年末ジャンボプチ確認方法

年末ジャンボプチ 772回年末ジャンボプチの抽選結果の確認方法は、みずほ銀行のジャンボ宝くじ当選結果のページで確認できます。

当日すぐに抽選結果を確認したい場合はネット速報のページもありますが、正確に確認するには必ずみずほ銀行のページでチェックしましょう。

今年の年末ジャンボ宝くじは

  1. 年末ジャンボ宝くじ(第770回)
  2. 年末ジャンボミニ(第771回)
  3. 年末ジャンボプチ(第772回)

この3種類です。

他にも新聞での掲載、宝くじ売り場で照合などの確認方法があります。

宝くじ売り場での照合は年明けの支払期間になってからなので、換金は年明け後しばらく待ちましょう。

まずはしっかりと当選番号を確認しておいてください。

 

スポンサードリンク

年末ジャンボプチがはずれたら

期待していた年末ジャンボプチも抽選結果とは違う「ハズレ券」も多く残ると思います。

しかしハズレ券にも使い道があり、実は「敗者復活戦」が毎年9月2日(クジの日)に行われます。

この日に「宝くじの日お楽しみ抽選」というイベントで、ハズレ券を使って豪華賞品が当たる抽選が行われます。

その豪華賞品で何が当たるのかというと、2018年には

  • 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml
  • 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)
  • 今治ブランド フェイスタオル2枚セット
  • 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット
  • 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏

こんな賞品が用意されていました。

年末ジャンボプチ以外にも他のジャンボ宝くじやスクラッチなどにもチャンスがあるので、ぜひ挑戦して下さい。

お楽しみ抽選についてもっと知りたい方はこちらもどうぞ!

関連記事

 

スポンサードリンク

あとがき

年末ジャンボプチ(第772回)の抽選会は大晦日12月31日に行われます。

年末ジャンボやミニも合わせて購入された方も多いと思いますが、この大晦日に良い思い出を作って年越ししたいですね。

払い戻しは当選番号がわかってから1週間ほど後になるので、慌てずに当選券を眺めながら待ちましょう(笑)

そして、もしも高額当選があったなら贈与税など余計な税金を払わないように、受け取りには十分注意してください!

せっかく〇千万円、〇億円当選したのに余計なお金を払わなくてはいけなくなるケースがあります。

しょうもない税金を払いたくない人は、当選してなくてもいずれ高額当選したときのために知っておいた方がいいでしょう。

 

スポンサードリンク